Google AnalyticsをSlackからすぐ確認できるStatsbot
Pocket

IT業界でよく使われているコミュニケーションツールSlackには、日々の業務を簡単にしてくれる様々な連携ツールがあります。

毎朝、出社するとGoogle Analytics(以下GA)で自社の最新のアクセス状況をなんとなくチェックするというルーチンが出来上がっていないでしょうか。

Slackを開いて、GAも別タブで開いて、と面倒なことをしなくてもStatsbotがあればGAの数字を自動でSlackに投稿してくれたり、簡単なコマンドでGAの数字を取得したり、グラフに変換してくれてチェックすることができるんです。

Statsbot

Statsbot

さあ、早速使ってみましょう。連携方法は大変簡単です。

  1. SlackにStatsbotを連携する - Statsbotから「Add to Slack」を押します。
  2. GAを認証し、使用するプロファイル(どのWEBか)を選択します

スクショ 2016-04-03 21.13.42

3. SlackにStatsbotが追加されたことを確認しよう。確認されたらstatsbotに話しかけてみましょう。

スクショ 2016-04-03 21.16.04

当日のアクセス状況のサマリーを知りたい時

@statsbot: summary

スクショ 2016-04-03 21.00.54

1日前のアクセス状況のサマリーを知りたい時

@statsbot: summary yesterday

summaryの後にyesterdayを付けると1日前のアクセス状況をサマリーにしてくれます。

スクショ 2016-04-03 21.06.23

さらに

今日のユーザー数をグラフで見たい時

@statsbot: users today

もちろん、todayをyesterdayにすることで1日前の数字を見ることも出来ます。

スクショ 2016-04-03 21.29.13

範囲の指定方法

範囲を指定するには、todayやyesterday以外にも

this week, last week, this month, last month, this year

を使うことが出来ます。また、特定の日付を選択したいときは

@statsbot: users mar 10

と【月の英語名】 + 【日付】で選択が可能です。

 

デイリーのレポートにしよう

さて、気に入ったレポートが見つかったら、スケジュールに登録すると自動的に教えてくれます。

@statsbot: schedule summary

とすると、Statsbotが誘導してくれますので、質問に答えていきましょう。

スクショ 2016-04-03 21.36.56

こうすることで、毎朝、自動的に設定したレポートをStatsbotがSlackに投げておいてくれます。筆者も利用していますが、いちいちGAを開かなくて良いですし、余分なデータを見てしまって時間を潰さなくてすむので助かっています。

残念ながら日本語のサポートはしていないようですが、お試しください。

 

Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です