スカイスキャナーが航空券を探せるチャットボットを公開
Pocket

海外によく行く人にはおなじみの航空券の検索サービス「スカイスキャナー」が、航空券を探せるFacebook Messengerのチャットボットをリリースした。

スカイスキャナーは2003年にスタートし、現在は毎月5000万人の旅行者に利用され、30言語、70もの通貨に対応している。格安航空券を探せるのはもちろん、現在ではホテルやレンタカーの予約も可能だ。筆者もよく利用するが、プライスアラートという機能があり、監視したい条件を設定しておくと、価格が変わった時にお知らせをしてくれる。数万円単位の値下がりがあるので是非活用して欲しい機能だ。

さて、この度リリースされたチャットボットは既存のWEBやアプリと全く同じ情報にアクセスして、航空券を検索できる。

【使い方】メッセンジャーリンクからSkyscannerを追加して話しかけてみよう。

現在は、英語のみの提供だが、会話型のUIで、出発地・目的地の設定、出発日・戻り日などを指定することができる。

skyscanner-facebook-messenger-bot

 

 

航空券のジャンルは、Facebook Messengerのボットプラットフォームが公開されたときにも、KLMオランダ航空がいち早くパートナーとしてボットによるカスタマーサポートを立ち上げており、非常に相性の良い分野だと思われる。

スカイスキャナーは公式コメントでも、チャットボットに期待していることを発表しているので紹介したい。

スカイスキャナーはFacebook Messegerボットを公式にリリースした最初の旅行検索エンジンです。毎月スカイスキャナーで5000万人もの人が航空券を検索しており、私たちは今回のリリースが旅行体験をより良いものにするための次のステップだと信じています。

9億人の月間利用者がいるので、Facebook Messengerの潜在的な可能性や「Facebookが開発者がより良いボットを開発することを重視している理由」は簡単に分かることでしょう。メッセンジャー上のボットはAppleのアップストア以来の最大のイノベーションであるという人もいます。

今回私たちが公開するボットのように、会話形の検索は、比較的新しい未来ではありますが、私たちは旅行業界の中で重要かつ真のイノベーションであると考えています。スカイスキャナーからリリースする最新のサービスは、航空券の検索を便利で楽しい方法に変えていきます。

航空券の検索は、人によっては頻繁に利用し、単価も比較的高いものであるといえるので、スカイスキャナーのチャットボットにおける取り組みは、多くの人が疑問に思う「ボットが本当に価値を発揮できるのか?」という点において1つの答えを示す・・・かもしれない。

【参考】

Skyscannerのメッセンジャーリンク

How to search for flights with Skyscanner’s new Facebook Messenger bot

Pocket