起業と経営のアドバイスをくれる「MentorBot」がSlackで登場
Pocket

新しいSlackのBotサービスがリリースされた。起業と経営に関するアドバイスをくれる「MentorBot」だ。MentorBotをSlackに連携すると、成功した起業家たちによるグロースハック、製品開発、デザイン、文化などのトピックに関するアドバイス(実際には、Twitterなどに投稿されている名言)を定期的に投稿してくれるサービスだ。

 

さて、早速インストールして使ってみよう。「Add to Slack」ボタンを押して連携すると、自分のいるタイムゾーンや、MentorBotがアドバイスを配信する日時を選ぶことができる。

 

スクショ 2016-04-24 17.08.24

チャンネルを選ぶ時には、最大3つまでアドバイスのカテゴリーを選択できる。カテゴリーは企業文化、デザイン、グロースハック、投資家、リーダーシップ、プロダクト、スタートアップを始めること、チームの8種類だ。

 

スクショ 2016-04-24 17.10.00

3つまで選択したら、Slackで該当のチャンネルにMentorBotを招待する必要があるので、Slackを開こう。そして、

/invite @MentorBot

とタイプして、MentorBotを招待しよう。ここまで出来たら設定完了。アドバイスが届くのを待とう。(ふとしたタイミングでアドバイスが届きます)

スクショ 2016-04-25 12.29.59

例えば、AmazonのCEOジェフ・ベゾスの言葉。

もし1年間に行う実験の数を2倍にしたら、それはきっと進歩を2倍にしてくれるだろう。

If you double the number of experiments you do per year you’re going to double your inventiveness.

Jeff Bezos, 12 Business Lessons You Can Learn from Amazon Founder and CEO Jeff Bezos (32 minutes read)

Y combinatorのパートナーSam Altmanの採用に関するアドバイス。

一般的に、プロダクトがマーケットフィットする前の採用は(成長を)遅くするが、マーケットフィット後の採用は(成長を)加速させてくれるものだ。

in general, hiring before you get product/market fit slows you down, and hiring after you get product market fit speeds you up.

Sam Altman on Twitter – twitter.com

こんなアドバイスの投稿がSlackに流れてきて、その時の悩みを解決してくれるものであったらとても便利かもしれませんね。しかし、このアイコンは怖い!のではないかと思うのですが、気のせいでしょうか。

MentorBot

 

Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です