Slackに入れると捗るBotシリーズ③「RSS」
Pocket

Slackに入れると捗るBotシリーズの第三回です。このシリーズではSlackと連携することで仕事が捗るようになるツールを紹介していきます。今回は「RSS」を紹介します。

Slack App Directory | RSS

Slack上でRSSフィードをチェックしたいという時に便利なのがこの「RSS」。RSSを登録すると定期的にRSSをチェックして、最新のものをSlackに通知してくれます。例えば、はてブのホットエントリーRSSを登録すると、下記のように通知してくれます。もちろん複数のRSSを登録することもできます。

スクショ 2016-04-05 1.24.05

まず連携方法から紹介していきます。

Slack App Directory | RSS

から通知を流したいチームを選択します。

スクショ 2016-04-03 23.21.26

「Add RSS integration」を押してください。

登録したいRSSのフィードURLを用意します。ここで、RSSフィードURLの検出に使えるツールを紹介します。「RSSフィード取得・検出ツール – RSSリスティング」です。RSSをチェックしたいWEBサイトのURLを入力して、「自動検出スタート」を押すと自動的にRSSフィードURLを表示してくます。

また今回は事前に#hatebuというチャンネルをSlack上で作成しています。

次に、Add a FeedにURLを入力し、通知を流すチャンネルを選択したら「Subscribe to this feed」ボタンを押しましょう。

スクショ 2016-04-04 10.57.29

これだけで設定は完了です。この後は、フィードの登録を解除しない限り、定期的にRSSをチェックしてくれます。また/feed コマンドを利用することで、Slack上からも登録フィードの追加・解除をすることもできます。

例えば、チームで自社メディアのRSSを登録しておけば自動的な社内共有になったり、競合のRSSを登録しておけば競合監視にも使うこともできると思います。自分用のSlackチームを作れば、自分だけのRSSリーダーを作ることも可能です。

ぜひこの機会にSlackでRSSを試してみてはいかがですか。今後もSlackに入れると捗るBotシリーズでは、Botや連携ツールを紹介していきます。

Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です